採用情報

スタッフメッセージ(ショートステイ リーダー)

まどか園に決めた理由

照れくさくて、可愛がってくれていた祖母にもあまりなつかなかった私。祖母が病気で亡くなったあとはじめて、何もできなかった自分に気がつきました。しかし、ただ泣いて後悔しているばかりではダメだ気が付き、大学では一念発起して生活環境学科で福祉学を専攻、祖母に出来なかった分、一人でも多くの高齢者の方のお手伝いをしたいと、この道を選びました。学生時代の2年間アルバイトを経て、まどか園の雰囲気、職場の人間関係、すべてに惚れ込み、そのまま就職。顔なじみの利用者さんが「この子は学生の頃から頑張ってるねん」と他の利用者さんに紹介してくださるなど、嬉しい経験が積み重なって、今の仕事にどんどん惹かれるようになっていきました。 ショートステイは施設の顔、ホテルで例えるならばホテルマンと同じ存在です。初めてお泊りになる方に気に入って満足いただいて、また来たい、特養に入所するならまどか園で、と思っていただくために言葉使いやマナー、心遣いを大事に、気持ちを込めて仕事に努めています。

まどか園のいいところ

一番年上の27歳の職員を筆頭に若いスタッフが多く、皆仲良しでチームワークも抜群。皆で仕事を楽しんでいる結果、ご利用者様へ良いサービスを提供できていると思います。 3人のリーダーの一人として、スタッフの配置など業務量やバランスを考えて調整しています。定期的に行うリーダー会議で、スタッフの意見も積極的に取り入れるなど、とても風通しのいい職場です。

メッセージ

「あなたがいてくれるから楽しみにして来るんやで」「国見さんが励ましてくれるから頑張ってリハビリできるわ」。利用者様からの感謝やお誉めの言葉を聞くと、とても励みになります。私って生きている価値があるのだろうか、私でなきゃ出来ないことなんてあるの?と自分の存在感に疑問を感じていたのですが、この仕事を通して前向きになれ、自分をよく知ることで、成長もできました。自分を信じて相手を思いやることで、人間は信頼し合えることを確認できる仕事だと思います。自分は何のために働いているのか、存在価値はあるのか、と悩んでいる方にぜひおススメの仕事です。

Copyright(c)Shoukyu-Fukusikai.All Right Reserved.