採用情報

スタッフメッセージ(管理栄養士)

心がけていること

2005年の介護保険制度の改正後、介護保険施設では管理栄養士を中心とした栄養ケアマネジメント体制が導入。管理栄養士はそれまでの給食管理業務から、人の栄養状態をみる業務へと役割が移行しました。
食事時間に利用者様が食べている様子を実際に見て、食事の咀嚼ができているか、食事の残量をチェックして、栄養ケアプランや食事計画を立てます。もちろん単に栄養面だけを考慮するのではなく、雛祭りのちらし寿司や土用のうなぎなど、四季折々を大切にした献立作りを大切にしています。
栄養ケアマネジメントとしては、地元の旬の野菜や鹿肉など、ビタミン、たんぱく質や亜鉛、鉄を強化した食事を提供し、食事の面から褥瘡や低栄養の改善を支援。
利用者様の状況を日々の食事摂取量や体重などにより把握し、健康の維持・改善に努めています。

まどか園のいいところ

・生活のサポートとして栄養士の技を発揮
病院とは違なり、介護施設は利用者様の家と同様、生活の場。日々の食事で健康を保つ仕事に関わることは栄養士の自主性が大いに生かされる

・食のレクレーションが充実
利用者様と一緒におやつやお好み焼きを作ったりするレクレーション、季節の行事などの楽しいイベントが充実。職員もとても楽しみにしている。

メッセージ

介護施設は私達、管理栄養士にとっては職場であっても、利用者様にとっては生活の場。普段の生活に近い家庭の温かみを献立で表現する、家庭感覚を忘れない人が向いていると思います。まどか園では季節ごとの新鮮な生の食材にこだわっています。それらを厨房で煮たり焼いたりすることで施設内にいい香りが漂い、利用者様も食事の時間をとても楽しみにされています。伝統行事や季節の野菜、郷土料理を献立に積極的に取り入れることで、地産地消や食糧自給率のアップにも貢献できます。どう調理したら栄養満点で食べやすいかはもちろん、なにより毎日の食事を楽しんで召し上がってもらえるよう考える想像力とチャレンジ精神を大切に、ともに頑張っていける人をお待ちしています。

Copyright(c)Shoukyu-Fukusikai.All Right Reserved.