採用情報

スタッフメッセージ(特養看護師)

心がけていること

福祉施設における看護師の役割は、問診や血圧測定など、利用者様一人一人の健康状態を把握することが一番重要な役目になります。もちろんカラダのことだけではなく、小さな前進でも喜び合えるようメンタル面に配慮した援助も行います。そのためには悩み事や不安をなんでも相談してもらえるよう家族のような絆を作り上げることが大事。普段からたくさんお話をして、親しみを持って接することで、いざというときに頼っていただける信頼関係を築けるよう努めています。

まどか園のいいところ

・職員の働く環境を考慮した研修サポートが充実
腰痛などの体調不良で現場を離れていく職員が多い現状のなか、まどか園では負担のかからない介護技術、RX組青山幸広氏の「楽ワザ介護」に施設全体で取り組み、皆が活かせるよう勉強会や研修会も積極的に参加

・ブランクのある人にも親切に指導
基本的に夜勤がなく、急変などの緊急対応がない限り、基本的に定時で上がることができるため、出産・育児からのブランク明けの看護師の方も働きやすい。また看護だけではなく介護の現場で経験を積むことができる

メッセージ

特別養護老人ホームの看護師が働くのは病院勤務の看護師のような医療の場ではなく、生活の場です。患者さんの入れ替わりも激しくなく、施設の利用者様一人一人と長くお付き合いさせていただき、毎日を豊かにするサポートをします。看護師以外にも介護職、ケアマネジャーなど様々な専門職と連携しながら仕事を進めていく必要があるので難しさもありますが、そのぶんやりがいもあります。また、まどか園では看取りケアも行っています。その人らしい最期を迎えられるように、ご家族と協力して、医師・看護師・介護職員が一致団結して関わることで、ご利用者様はご本当に良い表情をして最期を迎えられます。そんなケアができるのもまどか園ならではと、この仕事に魅力を感じています。

Copyright(c)Shoukyu-Fukusikai.All Right Reserved.